キャッシング会社の種類

キャッシング会社の種類

 

キャッシングというと消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、金融規制緩和が行われてから様々な業界がキャッシング業に参入してきています。

 

キャッシングはお金を借りるという意味ですが、同じような意味に「融資」という言葉があります。

 

この「融資」というのは銀行で使われる事が多く、「キャッシング」と呼ばれることはありません。住宅融資、教育融資、マイカー融資などがそれに当たります。

 

 

しかし、銀行もキャッシング業に参入するようになりました。個人向けの小口融資、「カードローン」がそれに当たります。

 

大口融資を専門にしていた銀行が個人向けの小口融資に参入した結果、消費者金融は顧客が減少し、銀行に吸収される事が多くなりました。

 

そこで、消費者金融を大きく二つに分けると銀行系の消費者金融と独立系の消費者金融に分けることが出来るのです。

 

また、信販会社やIT企業、大手スーパーなどもキャッシング業に参入してきています。

高額キャッシング

 

キャッシングとは、個人への小口融資することを指します。キャッシングがサラ金と呼ばれていた頃は、数万から数十万までのキャッシングが限度でした。

 

サラリーマン金融の資金力を考えるとその位の金額しか貸せなかったのでしょう。高額融資は業者にとって大きなリスクを伴うものです。

 

 

しかし、今では限度額は数百万というカード会社が一般的になっています。なかでも、オリックスのカードローンですと限度額が800万円と非常に高額の融資を受けられます。

 

では、なぜ個人向けの小口融資の限度額が上がったのでしょうか?

 

そのきっかけは、金融規制緩和によって高額なキャッシングサービスの競争が激しくなったことが挙げられます。

 

銀行や大手スーパー、信販会社、IT業界など資金力のある会社が個人融資に参入する事で限度額の底上げが行われました。

 

しかし、キャッシングは借入額が大きくなればなる程、返済期間が長くなればなる程、利息の負担が増えますので高額キャッシングには注意が必要です。

 

無利息でお金を借りる方法